君が心をくれたから第1話感想ネタバレ残酷な案内人

※本ページはプロモーションが含まれています。
画像引用:公式ホームページ

配信先は時期にもよります。
変更になることもありますので、最新の情報を確認してください!

ネタバレに触れるポイントがたくさんあるので、
まだ未視聴の方は、ご注意ください!!

このドラマのお勧め度

作品内容      
キャスト     
面白さ
総合評価
素人の勝手な評価です。

まだ見てない人見逃し配信はこちらから!

今回は「きみが心くれたから」を見た感想とネタバレを紹介していきます。

舞台は長崎県です。

街並みもすごく素敵なので、ロケ地もちょこちょこ紹介していきたいと思います。

それでは第一話のあらすじです。

目次

きみが心をくれたから第1話あらすじ

大雨の中、逢原雨(永野芽郁)が重傷を負った朝野太陽(山田裕貴)を抱きしめ、助けを呼んでいる。するとそこに、“あの世からの案内人”を名乗る男・日下(斎藤工)が現れ、こう告げる。「君が“心を差し出す”ならば、今から奇跡を起こしてあげよう」ーーー。

2013年の長崎。高校1年生の雨は、その珍しい名前から“ザー子”と呼ばれてからかわれ、自分に自信が持てない性格から、他人とは関わらないようにして生きていた。ある雨の日、傘がなく困っていた雨に、高校3年生の太陽が赤い折りたたみ傘を差しだし、「もしよかったら、入らない?」と声をかける。たびたび自分を気にかける太陽のことを、最初は疎ましく思っていた雨だったが、明るくて真っ直ぐな太陽と接するうちに次第に心をひかれていく。しかし、2人はある約束を交わして、離ればなれになってしまう。雨はパティシエの夢を叶(かな)えるために東京へ上京、太陽は家業である花火師の修行を積む決意を固めたのだ。

それから10年後、雨は長崎に帰省していた。祖母・逢原雪乃(余貴美子)に迎えられ、東京の職場のことを話に出されると、雨はそそくさと逃げていく。一方、太陽は、大晦日(おおみそか)の花火大会を任されないことを不満に思い、父であり師匠でもある朝野陽平(遠藤憲一)と衝突していた。お互いに過去と現在への葛藤を抱く中、かつて思いを語り合った眼鏡橋で、太陽は赤い折りたたみ傘を取り出した雨の姿を見かける…。

引用:公式ホームページ

きみが心をくれたから第1話感想

今回の感想ですが、第1話からかなり視聴者を惹きつける魅力のある作品だと感じました。

主人公の永野めいちゃんがとても可愛く、無表情の表現や笑顔の表現がとても素敵でした。

太陽くんも配役がぴったりで、ドラマの初回の導入としてはバッチリの内容だったと思います。おばあちゃんがめいちゃんに放った一言、

「生きることを後ろめたく思ってはいけない!」

めちゃくちゃ泣きました。

おばあちゃんの役もものすごく素敵だなと思いました。斎藤工さんへめいちゃんの五感を奪わないでください!

でもなんとなくですが、案内人の千春は、もしかすると、太陽の死んだお母さんなんじゃないかなって思いました。

月曜の夜に見たら、火曜日目が晴れるじゃないか!

今回は、ハッピーエンドになってほしいと言う期待を込めて、ラストまで見たいと思います!

ここからネタバレも含まれるので

まだ見てない人はご注意ください!!

きみが心をくれたから第1話ネタバレ

2013年長崎

物語は2013年長崎の高校から始まる。

雨と言う珍しい名前から、ざー子とからかわれ、

友達もつくらず、人と関わらずに生きてきたのだった。

また、

小さい頃に母親に虐待され自分に自信が持てず、

笑う事もあまり出来ないような性格。

そんな雨に、突然真っ赤な傘に一緒に入らない?って言ってきたのは、太陽だった。

太陽は、雨とは真逆の性格で、明るく元気で笑顔が素敵な青年だった。

10年後の約束

2人はお互いの目標に進み始める、

10年後の大晦日、太陽は花火士になって花火を打ち上げること。

雨はパティシエになる事を目標に。

そしてそこから、お互いの夢の実現に向けて頑張ったのだが。

10年後の再会

雨は太陽の花火を見るために、長崎へ帰省していたのだった。

しかし、雨はパティシエになる夢を叶えられず、変われなかった自分に後ろめたさを感じていた。

太陽は、雨の姿を見かけ必死に追いかけだけれど、間に合わなかった。

太陽の花火を見る資格はないと、夜行バスで帰ることを決め、おばあちゃんに手紙を書いて、何も言わずに家を出て行ったのだった。

おばあちゃんは手紙を読んで、すぐに太郎へ連絡したのだった。

赤い傘を太郎に渡して欲しいとそこには書いてあった。

太郎は、走って雨のうちへ。

そして雨が乗る夜行バスの時間がわかったので、急いで向かった。

夜行バスと爆竹

夜行バスに向かう太陽。

あたりには花火を見にきている人の人だかりができている。

何度も雨をよぶ。

気が付かない、雨。

雨と高校の時に話したことを思い出す。

君が迷子になったら、爆竹をならす。

それをとっさに思い出して、ポケットから爆竹を取り出して鳴らすのだった。

そして、やっと再会できたのだった。

案内人からの悲しい提案

太陽は、大雨の中、交通事故に遭ってしまう。雨が重傷を負った太陽を抱きしめ、助けを呼んでいる。

そこに怪しげな男性が現れた。

あの世からの案内人日下が現れ、こう告げた。

君が“心を差し出す”ならば、今から奇跡を起こしてあげよう。

この日下という男が提案してきたことはあまりにも残酷だった。

3ヶ月かけて君の五感を全て奪わせてもらう。

それができるなら、太陽くんを助けてあげる。

できないなら、彼の命はあと10分で終わってしまう。そんな選択切なすぎる…。

そして、雨は、太陽を救うことにしたのだった。

理由は、タイトル通り。

君が心をくれたから。

第2話に続く

※本ページはプロモーションが含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは。
このブログへ来てくださり、ありがとうございます。
私は、ドラマ大好きな主婦です。隙間時間でドラマをいつも見ています。
よかったら、仲良くしてください。
特に考察ドラマが大好きです!

当ページのリンクには広告が含まれています。

目次