いちばんすきな花 <第10話> 最終回間近?感想とネタバレ 

※本ページはプロモーションが含まれています。
画像引用:公式ホームページ

配信先は時期にもよります。
変更になることもありますので、最新の情報を確認してください!

ネタバレに触れるポイントがたくさんあるので、
まだ未視聴の方は、ご注意ください!!

このドラマのお勧め度

作品内容         
音楽
面白さ
総合評価
この評価は、私の勝手な評価です!

まだ見てない人見逃し配信はこちらから!

今回は、いちばん好きな花の第10話の感想とネタバレです。
サイレントの脚本家なだけあって、ものすごくドラマのシーンが今時で綺麗な印象。
素敵だと思います!!

予告編をどうぞ

音楽もすごくすきです。
イントロがなんとも懐かしい感じのサウンドで、聞き惚れるし。
歌いやすいから、年末のカラオケにも、重宝されそうですね。

さてさて、今回のあらすじは!

目次

第10話あらすじ

志木美鳥(田中麗奈)は潮ゆくえ(多部未華子)、春木椿(松下洸平)、深雪夜々(今田美桜)、佐藤紅葉(神尾楓珠)と一緒に、椿の家で食事をした翌日、北海道へ戻ることに。そして、美鳥は空港まで見送りに来たゆくえに、5人で会ったのは楽しかったが、「5人は、違うのかも」と話し4人の仲の良さを感じたことを伝えた。

その夜、春木家にいつものように4人が集まった。ゆくえは椿たちそれぞれに美鳥からの伝言を預かったと切り出し、報告し始める。一通り伝え終わると夜々と紅葉はそれぞれリビングを出ていくが、その様子を確認したゆくえは椿に「そこの公園、桜が咲くから春まで住んでみて欲しかった」と美鳥に言われたことを話した。夜々と紅葉が聞いたら「じゃあ、春まで」と言い出しかねないと、2人がいる前では言わなかったのだ。
ある日、夜々と紅葉は美鳥のことなどを話しながら居酒屋で飲んでいると、近くの席で飲んでいた紅葉のバイト先の同僚、園田拓真(世古口凌)と松井隼人(川本光貴)に声をかけられる。園田たちは、夜々を紅葉の恋人と勘違いしてからかい始めた。紅葉はこらえているのだが、夜々が応酬し始めて…。

引用:公式HP

ここからはネタバレを含みますので、まだ見てない方はご注意ください

5人じゃない・・4人が正解?

美鳥の伝言から始まります。

ゆくえは、空港へ見送った際に、美鳥から伝言を預かるのだった。

一通り、伝言を伝え終わると、椿にだけ

『そこの公園、桜が咲くから春まで住んでみてほしかった。』と美鳥言われたことを伝えたのだった。

夜々と紅葉がこの伝言を聞いたら、『じゃあ、春までいよう』と言いかねないと判断し、
二人の前では言わなかったと椿にいったのだった。

夜々の椿に対する想いとは?

現在準備中

第10話を見た感想、このドラマの総評・まとめ

現在準備中です!

※本ページはプロモーションが含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは。
このブログへ来てくださり、ありがとうございます。
私は、ドラマ大好きな主婦です。隙間時間でドラマをいつも見ています。
よかったら、仲良くしてください。
特に考察ドラマが大好きです!

当ページのリンクには広告が含まれています。

目次